安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。
根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。
今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、デメリットも知った上で選択してください。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。
そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。
障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。
もっと詳しく>>>>>自宅にいたままで歯のクリーニング