歯がまるごと抜けてしまった後

インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の義歯になる部分を装着します。
費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。
見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。
そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。
もっと詳しく⇒歯を白くする方法は歯磨き粉を自宅で使います