費用が嵩む

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用がかさむことに尽きます。
ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。
また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。
様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くことも考えるべきです。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。
食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。
人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。
抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
こちらもおすすめ⇒歯の黄ばみを取る方法は簡単にはできません

コメントを残す