人工の歯

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。
現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。
どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。
放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。
もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。
自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優位に立ちます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。
続きはこちら⇒自分でホワイトニング

コメントを残す